Science-Impact.tokyoScience Impact Inc. Tokyo Office

Philosophy

Science & Inspiration X Technology & Art X Passion & Challenge

Science(科学)とInspiration(閃き) Technology(技術)とArt(芸術) Passion(情熱)と挑戦(Challenge)
知性と感性、自由な発想、何物にも屈しない精神で
株式会社サイエンスインパクトは社会に価値を生み出していきます。

沿革

2010年1月22日設立
2010年9月大学向けeラーニングアカウント管理システムリリース
2011年7月知財ポータルサイト『IP Force』リリース
2011年12月Androidアプリ「知的財産権法文集 Powered by IP Force」リリース
2012年2月iPhone/iPadアプリ「知的財産権法文集 Powered by IP Force」リリース
2012年3月Yahoo!ニュースに知財ポータルサイト『IP Force』が取り上げられる。アクセス数が大幅増加
2012年5月GPSイラストマップシステム リリース
2012年9月公益社団法人土木学会全国大会にGPSイラストマップシステム導入。一般社団法人日本建築学会大会にGPSイラストマップシステム導入
2014年4月中央エフエム(東京都中央区),(株)ミウラ,HOYAサービス(株)と「コミュニティFM局における公共情報コモンズ(Lアラート)活用」に関する共同プロジェクトをスタート
2014年7月東京オフィス開設
2014年7月国立大学法人名古屋大学と共同研究契約を締結(研究題目「原子核乾板技術の産業応用に関する研究」)
2014年11月特許・情報フェア2014 出展
2015年5月知財ポータルサイト『IP Force』にて特許公報全文掲載開始
2015年11月特許・情報フェア2015 出展
2016年1月東京オフィス お台場に移転
2016年4月東京都中央区の支援の下、中央エフエムにて「Lアラート自動読み上げシステム」実運用開始
2016年6月「原子核乾板を用いた高精度宇宙線ラジオグラフィ」測定・分析サービスを一般提供開始
2016年10月名古屋大学・(株)川崎地質・富士フイルム(株)との共同プロジェクト「原子核乾板を用いた高精度宇宙線ラジオグラフィシステムの開発」科学技術振興機構(JST)「最先端研究基盤領域」先端計測分析技術・先端機器開プログラム採択